スマート カタログ

[label:cms]CSVファイルをExcelで開くときの注意

CSVファイルを直接シングルクリックやダブルクリックで開くと、Excelが起動して先頭の「0」が消えて表示されます。

この場合、Excelの「外部データの取り込み」からインポートすることで、先頭の「0を表示することができます。

例)

  



また、情報をコピー&ペーストする際、入力データの前後に空白などが入っている場合がありますので、ご確認ください。

CSV更新用に記載内容が存在しない行がエラーになる場合、編集時に区切りの「,」が残っていると思われます。
テキストエディタにて「,」を削除してください。


【「外部データの取り込み」からインポート手順】

  1. ①「データ」タブにある「外部データの取り込み」グループの「テキストファイル」をクリックします。



  2. ②「テキストファイルウィザード-1/3」   
    「カンマやタブなどの区切り文字によってフィールドごとに区切られたデータ」を選択して、「次へ」のボタンをクリックします。




  3. ③「テキストファイルウィザード-2/3」
    「区切り文字」から「カンマ」のチェックボックスをオンにして、「次へ」のボタンをクリックします。




  4. ④テキストファイルウィザード-3/3」  
    「列のデータ形式」から各列とも「文字列」を選択します。「完了」ボタンをクリックします。



  5. ⑤データを返す位置を指定して、「OK」ボタンをクリックします。



  6. ⑥先頭の「0」が表示されます。